薄毛・抜け毛を治すためのお薬は何が有効なのか!?

薄毛・抜け毛を治すためのお薬は何が有効なのか!?

男性の悩みで厄介なのが「ハゲる」ことですよね。

ハゲる前はハゲたらハゲたで仕方がないと割り切っていても、いざ頭皮が薄くなってきたら毎日鏡とにらめっこしてしまうと言う方も少なくはないと思います。

今回は、抜け毛を抑えて薄毛を治すために有効なAGA治療薬をタイプ別で厳選していきたいと思います。

抜け毛が増えてきたけど、薄毛は目立っていない方

このような症状の方は、AGAが発症して間もない状態ですので比較的治療も容易です。抜け毛の原因を抑えてしまえば改善できます。

AGAによる抜け毛の原因は男性ホルモンの変換が行われているから起こります。テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのは、5αリダクターゼがテストステロンと結合することで引き起こされます。

これを阻害するのに有効なのが「フィナステリド」という有効成分です。

もう知名度も高くなっているのでご存知の方も多いと思いますが、使用する薬は、

「プロペシア」です。

プロペシアには、有効成分フィナステリドが1mg配合されており、このフィナステリドは5αリダクターゼの阻害に有効です。

効果も非常に高く、日本でも厚生労働省に認可されている治療薬でAGA専門のクリニックでも処方されています。

服用方法:1日0.2mg~1mgを服用(上限1mg)
※食事などのタイミングは気にせず好きな時間帯に服用してOKです。

服用期間:プロペシアは効果が実感できるまでに最低でも3ヶ月程度かかります。また、飲み続けることで効果を持続しますのでヘアサイクルが完全に戻るまでの4年~6年は飲み続けることをおすすめします。

副作用:プロペシアには、性欲減退・勃起不全・肝機能障害などの副作用が報告されています。しかし副作用が現れる頻度は低いです。(全体の2%~5%)また、プロペシアで引き起こされた副作用は服用を中止すれば症状は改善されます。

抜け毛が増えてきて、今後薄毛になることに不安を覚えている方は、プロペシアを服用して抜け毛を抑えることをおすすめします。

 >>プロペシア(アメリカ版)1mg購入はこちらから

また、プロペシアにはジェネリック医薬品が多数販売されています。コストを抑えて育毛に取り組みたいと言う方はこちらを参考にしてください。
 プロペシアのジェネリック医薬品はこちら

抜け毛も多く、薄毛が目立ち始めた方

以前から抜け毛が止まらずに、頭皮が薄くなってきた方は完全にヘアサイクルが乱れている状態だと予想されます。

この場合は、プロペシアで抜け毛を防ぎつつ、「発毛」を促進させることが重要となってきます。

プロペシアは抜け毛を防ぐことが主な作用になり、発毛を促進する薬ではありません。

発毛を促進させるのに有効な成分は、「ミノキシジル」です。

ミノキシジルには頭皮に直接塗るタイプの液体と、服用して体の中から改善する経口薬の2通りあります。

塗るタイプのミノキシジル

まだ髪の毛はあるけど頭皮が透けて見える程度の薄毛の方は、塗るタイプのミノキシジル「カークランド」おすすめです。

 

カークランドは、ミノキシジル5%含有の育毛剤で高い発毛力があることで人気の商品です。

使用方法:1日1mlを2回直接薄い部分に塗布する(朝・晩)

試用期間:ミノキシジルも効果を実感できるまでに最低でも3ヶ月程度はかかります。ヘアサイクルの状態により個人差がありますので、使い続けることをおすすめします。

副作用:血行が良くなる作用から頭皮に痒みが生じます。あまりにひどい場合は使用を中止して医師に相談をするようにしてください。また、希に心臓に痛みを感じる場合があります。

ミノキシジルは含有量の違いで効果も変わってきます。カークランドがあまり効果がない方はミノキシジルが多く含まれている育毛剤を使うことで発毛効果がグンと上がります。

その際におすすめなのが、「ポラリスNR-10」という育毛剤です。

ポラリスNR-10はミノキシジル16%と塗るタイプでは最高濃度の含有量となっていますので、カークランドで効果がなかった方でも高確率で発毛に期待ができます。

使用方法、副作用はカークランドと同じですが、ミノキシジルが多く含まれている分副作用の影響は大きいですので、肌が弱い方は注意が必要です。

なるべく、初めはカークランドで様子を見てからポラリスNR-10に切り替えるようにした方が良いと思います。

>>カークランド5%購入はこちらから

>>[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム購入はこちらから

かなり薄毛が目立ち、地肌がほぼ見えてきている方

AGA発症からかなり時間が経ち、地肌が遠目にも見えている方には、経口薬のミノキシジルがおすすめです。

経口薬ですので、体の中から有効成分が効いてくるので発毛効果は最強です。

中でも「ミノキシジルタブレット」が人気の治療薬です。

服用方法:1日5mg~10mgを服用(上限100mg)

服用期間:発毛が始まるまでには3ヶ月~6ヶ月程度の服用を続けてください。ミノキシジルタブレットも服用を続けることで効果が持続します。髪の毛が生え揃ってからは液体タイプに切り替えるなどするのもOKです。

副作用:主なもので多毛症・顔のむくみ・動悸などが報告されています。経口薬ですので副作用の影響も出やすいですので、ある程度発毛したら服用を中止してカークランドなどに切り替えて毛髪を維持していくと負担が軽減できます。

ミノキシジルタブレットは作用が強く、体にも負担がかかりやすい薬です。発毛効果は素晴らしいですが、心臓が弱い方や肝機能に不安がある方は使用しないほうが良いかもしれません。

 >>ミノキシジルタブレット10mg購入はこちらから

いずれも医師に相談をして自分に合った治療薬を使って髪の毛を取り戻すようにしましょう。

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す