薄毛と塩分の過剰摂取にはこんな関係があった!?

薄毛(AGA)と塩分なんて関係があるのかと思いますが、実は塩分の取りすぎには薄毛に繋がるメカニズムがあったのです。

基本的には、日本人は塩分を好む食生活なのですがこれからはなるべく塩分を控えるようにした方が良いかもしれません。

薄毛と塩分の過剰摂取にはこんな関係があった!!

塩分は、人間の知覚神経に刺激を与えることがわかっています。

知覚神経とは、適度な刺激を受けるとIGF-Iというインスリン成長因子を作り出します。

このインスリン成長因子は毛周期を正しくするのに必要な因子でとても薄毛と密接な関係があります。

以前、カプサイシンとイソフラボンがインスリン成長因子を作るのに有効だという話をしましたが、塩分もこの知覚神経に働きかけていたのです。

しかし、塩分の過剰摂取により知覚神経が麻痺してしまう可能性があります。

それは、刺激が強すぎるために起こる現象で知覚神経が麻痺してしまうとインスリン成長因子が作られなくなり薄毛を誘発してしまうと言われています。

なので、塩分を日頃から摂り過ぎていると自覚がある人は、今日からでも塩分を控えたほうが良いと思います。

また、カリウムには塩分を排出する作用がありますので、カリウムを含む食品などを積極的に撮ることもおすすめします。

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す