薄毛と脱毛のメカニズム・ヘアサイクルの改善が育毛の鍵!

薄毛と脱毛のメカニズム

まずは、髪の毛がどのような構造になっているのかを勉強していきたいと思います。

毛髪は、毛根を取り入れている袋のような上皮性の組織である「毛包」によって作られます。そのさらに奥に「毛球」があり、その毛球と「毛母細胞」「毛細血管」が繋がっています。

髪の毛の栄養や酸素はここから運ばれてきます。ですので、とても大切な部分です。

ここに栄養が送られてくることで増殖し毛髪が形成されます。

AGA(男性型脱毛症)発症までの流れ

髪の毛は正常な成人であれば10万本から形成されていると言われています。

そして、毛周期と呼ばれる「ヘアサイクル」により、毎日抜けては生え変わるというサイクルで構成されています。

このヘアサイクルには

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

の3つの時期に分かれています。髪の毛の1本1本が同じサイクルで回っているわけではないので、抜け替わる時期もそれぞれ異なります。

大体、1日で50本から100本くらいは抜け落ちて生え変わっています。

成長期の毛髪は2年から6年で成長します。全体の毛髪の90%が成長期の髪の毛だと言われています。この間に太くたくましい毛髪を作ります。

しかし、AGA(男性型脱毛症)が発症するとこの成長期が急激に短くなります。その期間は、数ヶ月から1年程度だと言われています。

この成長期が短くなることが薄毛の大きな原因となっているのです。

通常、2年から6年かけて成長する毛髪が数ヶ月程度で退行期に移行すると、まだ育つはずの髪の毛が退化していくので抜けやすくなるのです。

この状態の髪の毛を「軟毛」と呼びます。本来ならじっくりと時間をかけて「硬毛」になるはずの毛髪がAGAにより軟毛化され、ヘアサイクルが乱れたまま髪の毛が成長していくので薄毛が目立ってきます。

成長期が短くなればなるほど、髪の毛が細くなり抜けやすくなってしまうというわけです。

また、AGA(男性型脱毛症)は進行性の特徴があるので、放っておけばドンドン進行していきます。

このヘアサイクルを正常な状態に戻すには、今のところ治療薬による治療しかありません。

育毛は、正しい知識を身につけて取り掛からなければなりません。

このサイトで正しい薄毛と脱毛の治療法を身につけて育毛を始めてください。

 


プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

合わせて読みたい!AGA治療薬の記事

コメントを残す




コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。