ミノキシジルは女性も使える?女性用ロゲインの発毛効果は?

AGAは何も男性だけの薄毛ではありません。近年では、薄毛に悩む女性も増えてきました。これを「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼びます。

女性の薄毛は男性とは少し違う特徴があります。男性は、頭頂部や前頭部から禿げていきますが、女性は分け目が薄くなったり、全体が薄くなったりします。

SONY DSC

薄毛のメカニズムを知っておこう!

血液の中を流れている男性ホルモン「テストステロン」は、頭皮の毛根部分にある毛乳頭に侵入すると、5αリダクテーゼと呼ばれる脱毛酵素によって、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンへと変化します。

この脱毛ホルモンが毛母細胞へ侵入すると、毛母細胞の細胞分裂の活動が衰えていきます。細胞分裂が出来なくなるということは、発毛の妨げになります。

また、この変化のせいで、ヘアサイクルに乱れが生じてしまい髪の毛が成長する前に抜けてしまうという悪循環が生まれます。

男性ホルモンなのに女性がAGAに?

男性ホルモンと脱毛酵素が抜け毛の原因なのに、女性も薄毛になるのはなぜかというと、女性にも男性ホルモンが存在しているからです。逆に男性にも女性ホルモンが存在します。

ですが、女性と男性ではホルモンのバランスが違います。そこの違いから女性の薄毛と男性の薄毛には特徴に違いが現れるのです。

男性ホルモンは抜け毛に影響を与えるホルモンで、女性ホルモン(エストロゲン)は髪の毛を育てるためのホルモンです。

なので、基本的には女性は禿げにくい体質なのです。ですが、このホルモンバランスが崩れると女性も薄毛に悩まされるようになります。

つまり、女性で抜け毛が増えてきたと感じるならば、それは同時に女性ホルモンの分泌も衰えてきているということになります。

女性ホルモンの分泌は35歳をピークに徐々に衰えてくると言われています。その結果、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れ、抜け毛が促進されてしまうのです。

女性男性型脱毛症(FAGA)の対処法は?

では、女性の薄毛はどうやって改善していけばいいのでしょうか?

その鍵を握るのは「ミノキシジル」です。女性がプロペシアなどのフィナステリドを使用することは禁止されていますが、ミノキシジルは女性用もありますので、発毛効果が期待できます。

頭皮が痒くなるなどの副作用の心配はありますが、基本的には大きな副作用は起こりません。

この女性用ロゲインはアメリカでの臨床試験で安全で有効な女性用育毛剤として認可されているので効果もお墨付きです。

女性用ロゲイン2%

また、女性は男性のAGAと違い、女性ホルモンの分泌を促せばまた毛髪が成長を始めますので改善が可能です。

ホルモンバランスを整える食事を心がけ、ストレスを減らす生活を心がけましょう。

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す