ミノキシジルは外用薬と内服薬のどちらがいいの!?

ミノキシジル 外用薬

薄毛の方の救世主として、使用している人も増えてきた最強の発毛剤「ミノキシジル」

頭皮に直接塗るミノキシジルとタブレットを内服するミノキシジルではどちらが効果が高いのか?また危険性はどのくらい違うのか?

気になるところですので、今回はその辺りを詳しく解説していきたいと思います。

ミノキシジルの外用薬の種類について

ミノキシジルを含有する育毛剤はいくつかあり、濃度の高いものほど効果も高いです。

日本では、ミノキシジル1%含有のリアップが販売されています。

しかし、リアップは口コミなどでも評価は低く、副作用の影響が出ないように安全に開発されている反面、効果が薄いようです。

ミノキシジル含有の製品で評価の高いものは、

  • ロゲイン5%
  • カークランド5%
  • [NR-08] ミノキシジル7%
  • [NR-09]ミノキシジル15%
  • [NR-10]ミノキシジル16%

などがあります。

カークランドはロゲインのジェネリックです。発毛効果も高く価格も安いということで人気の商品です。

ミノキシジルの含有率が高くなるほど発毛の効果は高いのですが、副作用の影響も変わってきますので、初心者のかたは含有率の低いものから使うのが一般的です。

副作用というのは、主に頭皮の痒みです。ミノキシジルは血管拡張の作用がありますので、頭皮に直接塗りつけると痒みが生じます。

また、発毛作用が高いので、液剤が額などに垂れてきたらそこから産毛が発毛してきたりしますので、液剤が垂れてこないように上手に使うようにしましょう。

ミノキシジルの内服薬の種類について

次に、ミノキシジルの内服薬について説明していきます。

ミノキシジルのタブレットタイプは日本ではまだ認可されていないので、個人輸入代行を介して通販で取り寄せる必要があります。(違法性はありません)

飲むタイプのミノキシジルにも種類があり、ファイザー社が開発した「ロニテン」が正規品です。

しかし、今ではミノキシジルタブレットというジェネリック医薬品が販売されるようになるとそちらの方が知名度が上がり、ロニテンは今ではあまり見かけなくなりました。

ミノキシジルタブレットにも含有率の違う商品があります。

  • ミノキシジルタブレット2.5mg
  • ミノキシジルタブレット5mg
  • ミノキシジルタブレット10mg

など、こちらも含有率の高いものほど効果が高いです。

また、ミノキシジルタブレットは外用のミノキシジルとは違った副作用がありますので、注意が必要です。

主な副作用に、多毛症、むくみ、動悸などがあります。多毛症というのは頭皮以外のところからも発毛するというものです。私は指の関節の間や、耳たぶなどから産毛が生えてきています。

しかし、頭皮における発毛力も外用のミノキシジルとは比較にならないほど効果が高く、スカスカだった頭皮が今ではフサフサになるほどです。

よって、発毛力で言えば断然ミノキシジルタブレットの方がおすすめです。

しかし、副作用の影響が出ることがありますので、使用に関しては注意が必要です。

まずは低容量のものから試していくのが良いでしょう。

 

 >>信頼出来る個人輸入代行のオオサカ堂はこちら<<

 

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す