ヘアサイクルを改善させる為に大切なことを学ぶ!

抜け毛が増えて、薄毛が目立つようになる背景には「ヘアサイクルの乱れ」があります。

ヘアサイクルとは、髪の毛が新しく生えて抜け落ちるまでの周期のことで、

成長期⇒後退期⇒休止期の順で巡っています。

ヘアサイクルの期間について

正常なヘアサイクル

それぞれに期間があり、正常なヘアサイクルだと、

成長期 ⇒ 2年~6年

後退期 ⇒ 2週間~3週間

休止期 ⇒ 3ヶ月~4ヶ月

このような周期で髪の毛は成長し抜け落ちていきます。

ここからわかるように、髪の毛のほとんどは成長期が占めています。(全体の80%~90%程度)

しかし、AGA(男性型脱毛症)を発症した男性のヘアサイクルは、この成長期が非常に短くなっていく特徴があります。

AGAが発症した場合の成長期のサイクルは、

数ヶ月~1年程度と言われています。

成長期が短くなると何が起こるのか?

AGAが発症したヘアサイクル

通常、2年~6年かけて成長する髪の毛が数ヶ月~1年程度で成長を止めてしまうとどうゆうことが始まるかというと、

髪の毛が細く、弱々しいまま後退期を迎えてしまいます。

朝起きた時の枕を見ていただくとわかりやすいのですが、抜け落ちた髪の毛が太く逞しいものであれば、正常なヘアサイクルを経て抜けたものなので問題はありませんが、

細く短い髪の毛がたくさん抜けているようであれば、それは危険信号です。すでにヘアサイクルが乱れている状態を指します。

この状態を「髪の毛が軟毛化」しているといいます。

ヘアサイクルを改善する方法

AGAが発症し、ヘアサイクルが乱れてしまうと放置しているだけでは元に戻りません。

それは、AGAには進行していく特徴があるからです。つまり、自力では治せなくなるということです。

では、どうすればヘアサイクルを正常なものに戻せるかというと、ポイントが3つあります。

 頭皮環境の改善

頭皮環境の改善

まずは、頭皮の状態を良くするためにシャンプーをアミノ酸系植物由来のものに変更することが大切です。ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naがメインの洗浄力を重視した市販のシャンプーは頭皮にとって一番良くありません。

頭皮は皮脂汚れによって毛穴が詰まり呼吸ができなくなります。だから洗浄力の強いシャンプーを使いがちですが、これは逆効果です。洗浄力のマイルドなものを使うのがベストです。

本来、頭皮が必要とする皮脂を保つことが目的です。

 毛母細胞の活性化

毛母細胞の活性化

毛髪は、毛細血管・毛乳頭・毛母細胞を軸に成長していきます。ヘアサイクルの乱れた頭皮の毛細血管は血液の循環が悪くなっています。血液が行き届かないと毛母細胞が細胞分裂できなくなり、髪の毛が成長しなくなります。

なので、ヘアサイクルを改善するには血液の循環を良くして毛母細胞を活性化させてやることが大切です。

 5α還元酵素の阻害

ジヒドロテストステロン

5α還元酵素は、別名「脱毛酵素」とも呼ばれる、AGAの天敵です。この酵素がテストステロンという男性ホルモンと結合することで、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンへと変化します。

このジヒドロテストステロンが大量に発生することで脱毛が止まらなくなります。これを回避するには、5α還元酵素を阻害する他ありません。

ヘアサイクル改善のためのマストアイテム

では、ここから具体的に何を使えば良いのかをお教えします。

まず、頭皮環境を改善するために最適なシャンプーは、

 >>無添加シャンプーナチュグロウ

がおすすめです。マイルドな洗浄力に23種の天然植物エキスを配合した、まさに頭皮環境を改善するために作られたシャンプーです。市販のシャンプーは石油から作られています。謂わば石油で頭皮を洗っているようなモノです。

人体に影響のないシャンプーを使うようにしてください。

次に、毛母細胞を活性化させる為に使うべき育毛剤を紹介します。それは、

 >>[NR-10]ミノキシジル16%+αクリーム

がおすすめです。ミノキシジルは血管拡張作用がありますので、血液を循環させるのに最適です。また、このNR-10はリアップのように低用量なものではなく、発毛効果を重視した発毛剤です。

副作用として頭皮の痒みが出る場合があります。これは使い続けるうちに慣れてきますが、ひどい場合には医師に相談してください。

最後に、5α還元酵素の阻害に最適なのは、フィナステリドを含む治療薬です。

 >>プロペシア(アメリカ版)1mg

フィナステリドを含む製品はいくつかありますが、一番おすすめはプロペシアです。5α還元酵素を阻害し、ヘアサイクルを改善させる為には必須と言っても過言ではないほど効果的です。

副作用は性欲減退、精子の減少、肝機能障害があると言われていますが、全体の2%~5%程度の頻度ですので、そこまで気にする必要はありません。ただ、もともと肝機能に不安のある方は使用は避けたほうが良いと思います。ハゲを受け入れましょう。

この3つのポイントを抑えて育毛に取り組むことでかなり現実的に発毛を実感できると思います。

しかし、ミノキシジルとプロペシアは薬ですので副作用があります。この副作用はそこまで気にするほどのものではないと思っていますが、抵抗がある方のために他の方法もお教えしておきます。

少し割高で、効果が落ちますが他のものと比べたら全然効果的な育毛剤が、

 >>濃密育毛剤BUBKA

です。厚生労働省の認可も得ている商品ですので発毛効果を実感できるシロモノです。ただ、いずれにせよ継続して育毛に取り組まなければなりませんので、コスト面では不安が残ります。

お金がかかってもいいという方におすすめします。最低でも3ヶ月~1年は継続していかなければ、ヘアサイクルは改善されませんので、どの方法を取るにしても長期的な使用を心がけるようにしてください。

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す