プロペシアによるAGA治療は薄毛対策に必要不可欠!?

プロペシアによるAGA治療は薄毛対策に必要不可欠!?

今ではすっかり定着してきた、薄毛対策の救世主であるプロペシアですが、もちろん万人に効果を発揮するとは限りません。

では、どんな方にオススメなのかを解説していきたいと思います。

最強の飲む育毛剤【プロペシア】を使うべきなのはこんな人


プロペシア(アメリカ版)1mg購入はこちら

まず、フィナステリドの働きについてのお話を少ししておきます。

プロペシアは、フィナステリドを主成分とする男性ホルモンに働きかける治療薬です。

AGA(男性型脱毛症)における抜け毛は、頭皮の毛乳頭で発生するⅡ型5α還元酵素という物質とテストステロンという男性ホルモンが結合することで起こります。

その結合によって生み出されるのがジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛ホルモンです。

この脱毛ホルモンが大量に生成されることで、毛周期が乱され抜け毛が多くなります。

2013-08-31_152226

また、乱された毛周期は自力では戻せなくなります。

よって、一度AGA(男性型脱毛症)が発症すると自然には治らないということです。

つまりどうゆうことかと言うと、こうなるとプロペシアなどのフィナステリドを取り入れて薬によって治療しないと薄毛が改善されないということです。

よく、育毛剤でハゲが治るなんて言うことを目にしますが、あれは大きな間違いです。

育毛剤は頭皮環境の改善に使用するもので、薄毛を改善できるわけではありません。あくまでオプションの一つです。

すでにAGAが発症していれば、プロペシアを使い治療していくことがベターな選択です。

そして、それが何よりの方法です。

では、プロペシアはどんな人に効果があるのかというと、AGA(男性型脱毛症)により髪の毛が薄くなった人です。

円形脱毛症や老化が原因で薄毛になった人には効果が期待できません。

AGA(男性型脱毛症)は薄毛の90%以上を占めていると言われていますので、大半の薄毛の人に効果が期待できます。しかし、Ⅰ型5α還元酵素による脱毛の場合は、フィナステリドではなく、デュタステリドが有効です。

自分がⅠ型かⅡ型かわからない場合は、病院での遺伝子検査を受ける必要がありますが、基本的にはⅡ型が多くを占めていますので、まずはプロペシアを使われてみることをオススメします。

プロペシアの作用

ここで、詳しくプロペシア作用の説明をしておきます。専門的な言葉が多くなりわかりにくいかもしれませんが、大事なことです。

プロペシアに含まれるフィナステリドは、Ⅱ型5α還元酵素を阻害します。

Ⅱ型5α還元酵素とは、脱毛酵素とも呼ばれるAGAの天敵である物質です。これは、頭皮の毛乳頭で発生し、テストステロンと結合しようとします。

プロペシアはこの脱毛酵素の生成を抑制する画期的な治療薬です。

脱毛はジヒドロテストステロン(DHT)が生成されることで起こりますので、この原因を叩くことができるのです。

この脱毛酵素を阻害できるのは、フィナステリドとデュタステリドしかありません。

ノコギリヤシにも脱毛酵素の阻害効果があるとは言われていますが、具体的な根拠は不明なのでここでは省きます。

プロペシアを実際に使用して薄毛を解消した写真がこちら

優勝者01

プロペシアの副作用

プロペシアは医薬品ですので副作用があります。主な副作用として、性欲減退・精子の減少・肝機能障害・食欲不振などが報告されています。

しかし、全体の2%程度ですので余り気にするほどの副作用ではないと言えます。

ですが、副作用には十分警戒をしておくことも大切です。

使用する際は、医師に相談をしてみることをオススメします。

プロペシアを使うと効果が出るのはこんな人

これまで、色んな育毛剤を試したけど効果がなかった。そんな方はたくさんいると思います。

今現在、薄毛対策に期待できるのはフィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルの3つです。

それぞれ効果が違いますが、ここではプロペシアが効く人がどんな人かを説明していこうと思います。

先ほど言ったように、プロペシアはⅡ型5α還元酵素が生成され薄毛になっている人に有効です。

これは、見た目や症状では、どうしても判断がしづらいのですがある特徴を持っています。

Ⅱ型5α還元酵素は、体毛が濃い人ほど生成されやすいということです。だからと言ってすべての体毛が濃い人がハゲるとは言いませんが、わかりやすい特徴の一つです。

つまり、体毛(ヒゲや胸毛など)が濃くて薄毛になってきたという方には、プロペシアが有効である可能性が高いということです。

(もちろん、そうでない人には有効ではないというわけではありません。)

ひとつの基準として考えてください。

また、Ⅱ型5α還元酵素が原因でAGA(男性型脱毛症)が発症する人は、全体の6割~7割程度だと言われています。

このことから、多くの薄毛の方にプロペシアは有効だということになります。

逆にプロペシアが効かない人は、薄毛の原因が他にあるということになります。

ですが、全体の7割程度がプロペシアによる治療が有効であるならば、まずプロペシアを試してみるのが手っ取り早いのではないかと思います。

プロペシアは早い人なら3ヶ月程度で効果を実感できます。長くても半年から1年程度で抜け毛が収まること予想されますので、これから育毛に挑戦していきたいと考えている人は、まずプロペシアの導入を考えてみてはいかがでしょうか?

プロペシアはアメリカ版とイギリス版が販売されていますが、特に違いはなくどちらでも効果を実感することができます。


プロペシア(アメリカ版)1mg購入はこちら

プロペシアはAGA治療専門のクリニックでも処方されている、現在薄毛対策に最も有効な治療薬の一つです。

しかし、病院で処方してもらうと毎月1万円程度の出費となります。同じものを安く手に入れるには通販で購入するのが良いと思います。

育毛はどうしても時間がかかるし、お金がかかります。

少しでもコストを抑えて効率的に育毛にチャレンジしていきましょう。

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す