フィナステリドを服用中の子作りは大丈夫なのか!?

フィナステリドを服用中の子作りは大丈夫なのか!?

プロペシアなどのフィナステリドを主成分を用いて育毛をしている方には、子作りに関する不安があると思いますので、色々調べてみました。

なぜ、フィナステリドを主成分とするAGA治療薬を服用していると子作りに影響するのかというと、

フィナステリドは男性ホルモン(DHT)の生成を抑制する力があり、妊娠中の女性が服用すると胎児の生殖器に異常が現れる可能性があることがわかっています。

また、発育間もない男児が服用すると発育障害が起こる可能性もあります。

男性ホルモン(DHT)は脱毛の原因となるので、薄毛には大敵ですが、その他にも男性器の形成にも関わる重要なホルモンです。

従って、成人男性のように男性器が立派に生成されてからの服用は大丈夫なのですが、まだ未熟な胎児(妊婦)や幼少期の男児が服用するのはNGです。

フィナステリドを含む錠剤に触ることも避けたほうが良いです。フィナステリドは皮膚から浸透して胎児に影響をおよぼす可能性があるからです。

ここまでは、フィナステリドをきちんと管理できていれば、そこまで気にすることはないかもしれませんが、問題はフィナステリドを服用している成人男性との性交渉における危険性です。

フィナステリドを服用していれば、精子にも成分が入り込み、受精した時に障害を持った子供が生まれてくる可能性があるのではないかと言うところが一番気になる点だと思います。

この問題に関しては、基本的には大丈夫だそうです。

大丈夫というのは、今のところフィナステリドを服用中に出来た子供に奇形児が生まれた例はないということです。

動物実験でもそのような症例がないので、科学的にも問題なしとされていますが、気になる方はフィナステリドの服用を一旦中止して子作りをされた方が良いでしょう。

一旦中止する期間については、薬が完全に体から抜ける1ヶ月程度を目安にされると良いでしょう。

このように、フィナステリドを服用中の子作りに関しては、気をつける部分はありますが、きちんと知識を持っていれば対処できる範囲ですのでしっかりと覚えておきましょう。


プロペシア(アメリカ版)1mg購入はこちら

 

 副作用のない育毛法をお探しならこちら

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す