フィナステリドは生え際には効果がないってホント!?

フィナステリドは生え際には効果がないってホント!?

AGA(男性型脱毛症)の治療に必要な主成分であるフィナステリド。

プロペシアやそのジェネリック医薬品が近年、かなり浸透してきましたが、こんな噂が流れています。

「フィナステリドは生え際には効果がない!?」

今回は、その都市伝説が本当なのかを解説していこうと思います。

結論から言うと、フィナステリドは生え際でも頭頂部でも効果があります。

ネット上で生え際には効果がないと言われているのは、間違った情報です。

プロペシアなどのフィナステリドを主成分とするAGA治療薬は、2型5αリダクターゼ(還元酵素)と言う「脱毛の原因」となる物質を抑制する効果のある薬です。

これは、頭頂部だろうが生え際だろうが関係なく作用します。

なので、部位に関わらず脱毛の抑制をしてくれる画期的な治療薬です。

但し、1型5αリダクターゼが原因による脱毛症には効果を発揮しません。

この辺りの認識を誤っている人たちが生え際には効果がないと言っている人たちです。

1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの違い

5αリダクターゼには、1型と2型の2種類存在することは、以前からもこのサイトでもお伝えしてきました。

 ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制するフィンペシア(フィナステリド)

1型5αリダクターゼは、皮脂腺に存在する脱毛酵素で2型5αリダクターゼは毛乳頭に存在する脱毛酵素です。

つまり、アプローチの仕方がそもそも違うのです。と言っても素人にはそんな判断は難しいので、遺伝子検査をして調べる必要があります。

 AGA(男性型脱毛症)を遺伝子検査キットで調べる方法

ザックリ分類すると、1型5αリダクターゼは皮脂の分泌が多い人が薄毛になるパターンで、

2型5αリダクターゼは体毛が元々濃い人(胸毛や髭)が薄毛になるパターンに分かれます。

もちろん両方を持ち合わせている人もいるでしょう。

なので、治療もこのパターン別で違うのです。

1型5αリダクターゼにはデュタステリドが効果的です。

2型5αリダクターゼにはフィナステリドが効果的です。

補足としてはデュタステリドは1型と2型の両方に効きます。しかもフィナステリドの3倍近い作用があります。

デュタス(デュタステリド)プロペシア(フィナステリド)
デュタス(アボダートジェネリック)プロペシア
※画像をクリックすると詳細が見れます。

個人輸入などで個人で購入する場合は、まずフィナステリドを試してみて、効果がない場合にデュタステリドを取り入れるほうが、体にかかる負担も少なくて済むと思います。

このように、治療薬によっても作用が違うし、各々で薄毛のパターンも違います。

もちろん、AGA(男性型脱毛症)以外にも円形脱毛症や老人性脱毛症などもあります。円形脱毛症は自然治癒で治ることがありますが、男性型脱毛症は自然治癒では治りません。

その症状に合った治療法を施していないだけで、生え際には効果がないなどと言ってしまうのは間違いです。

本気で薄毛を治したいなら、原因を突き止めてそれに合った治療法を見つけましょう。

 

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す