AGA治療薬 プロペシアのジェネリック医薬品はどれがいい!?

近年、AGA治療にはフィナステリドとミノキシジルが欠かせなくなってきました。

フィナステリドを主成分としたプロペシアは「飲む毛生え薬」として日本でもかなり認知度が上がっているように思います。

もちろん、育毛にはプロペシアを取り入れるべきだと思いますが、経済的な負担は否めません。


AGA治療薬 プロペシアのジェネリック医薬品はどれがいい!?

AGA治療専門のクリニックなどでの処方だと、1ヶ月(28錠)で7,000円程度はかかります。診察費用を合わせたら大体毎月1万円~1万5千円程度は毎月かかることになります。

年間にすれば、AGA治療にかかるコストが9万~12万程度です。かなりの出費になりますね。

そこで、当サイトでもオススメしているのが個人輸入によるAGA治療薬(ジェネリック医薬品)を使う方法です。もちろんクリニックでの処方が一番安心できると思いますが、同じ成分の治療薬を安く購入できるならそちらを選ぶのも全然OKだと思います。

具体的にどれくらい価格に違いがあるのか比較してみました。

  プロペシアは1箱28錠で4,918円です。

詳細はこちら→プロペシア(アメリカ版)1mg

  フィンペシアは1箱100錠で2,758円です。

詳細はこちら→フィンペシア(Finpecia)1mg キノリンイエローフリー新タイプ

  フィナバルドも1箱100錠2,758円です。

詳細はこちら→フィナバルド(Finabald)1mg

  エフペシアも1箱100錠2,758円です。

詳細はこちら→エフペシア(F-Pecia)1mg

プロペシアのジェネリックはいずれも同じ価格で購入することができるのがわかります。

これらはジェネリックですので、どれを使うかは好みで選んでもいいと思います。
効果は同じですからね。

私のおすすめはフィンペシアです。製薬会社もインドの最大手ですし、信頼できます。

プロペシアは個人輸入でも5千円以上~、その同成分のジェネリックは1/3以下の値段で購入できます。

なぜこんなに値段が違うのかというと、プロペシアは先発商品で開発費なども込みの値段設定になっているからです。

特許期限の切れた医薬品を他の製薬会社が製造することでコストを大幅に抑えることができます。後発医薬品とも呼んだりします。

このジェネリック医薬品は成分は同じものが使用されているので、プロペシアを使うのと同等の効果が期待できます。だったら安いほうが当然良いですよね。

ただ、海外輸入というところに抵抗がある方もいると思いますので、当サイトでは、実際に各個人輸入代行の会社を利用してみて信頼性、価格、対応を比べて評価をしています。個人輸入をしたことが無い方でも安心して使っていただけると思います。

 

やはり、一番お勧めなのはオオサカ堂です。6年間利用していますが、トラブルも一度もなく商品質も問題ありません。価格も一番安いです。

迷っている方は参考にしてください。

で、数あるプロペシアのジェネリックの中でどの商品が一番良いのかというと、キノリンイエローが使われていないものを選ぶのが良いと思います。キノリンイエローってなに?という方はこちら

⇒キノリンイエロー不使用のフィナステリドがお薦めです

このように、育毛をしていく上での経済的負担はなかなか大きいものがあります。

なるべく安いAGA治療薬を使用することも「育毛を継続していく」ことの非常に重要なポイントとなります。

もちろんお金に余裕があるならクリニックに通われることをお勧めします。

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す