プロペシアのジェネリック医薬品を選ぶならどれがいい!?

プロペシア ジェネリック薬

AGA(男性型脱毛症)の治療において必要不可欠になっているプロペシア。

プロペシアの主成分のフィナステリドは脱毛ホルモンであるDHTの抑制に対抗できるとても優秀な治療薬です。

しかし、まだ保険の適用が認められていないため、AGA治療専門のクリニックで処方してもらうにしても毎月かかる治療費は高額です。

薄毛を克服するには毎月かかる費用を抑えるのがベスト

プロペシアなどのAGA治療薬を毎月処方してもらうと、診察料も含めると大体1万円~1万5千円程度の出費となります。

毎月このくらいの出費で髪の毛が取り戻せるならと思う人もいるかもしれませんが、やはり手痛い出費です。

そこで、病院では高すぎてAGAの治療が出来ないという方には、ジェネリック医薬品を海外から個人輸入する方法があります。

プロペシアと同成分のジェネリック医薬品を活用すれば、毎月の出費はかなり抑えることができます。

プロペシアとジェネリック医薬品の価格の違い

プロペシア1mg(28錠)⇒5,450円

(以下プロペシアのジェネリック医薬品)

フィンカー5mg(30錠)⇒2,165円

フィンペシア1mg(30錠)⇒1,708円

フィナバルド1mg(30錠)⇒1,657円

フィナロ1mg  (30錠)⇒1,759円

エフペシア1mg (30錠)⇒1,759円

(価格の参照はオオサカ堂)

このように比べると一目瞭然ですが、ジェネリック医薬品を取り入れることでAGAの治療にかかるコストを大幅に抑えることができます。

クリニックでは、薬の処方代金に診察料もかかりますので、ジェネリックではなくプロペシアを使いたいという方でも、個人輸入はおすすめです。

また、プロペシアのジェネリックの中でも、キノリンイエローを使用していない製品を選ぶのがベストな選択と言えます。

キノリンイエローが使われていないことがなぜ良いのかわからない人はこちらを読んでみてください。

 キノリンイエロー不使用のフィナステリドがお薦めです

 

プロペシアとミノキシジルタブレットのセットはこちら

個人輸入ランク1
  オオサカ堂

 業界最大手のオオサカ堂は価格・品質・商品の品揃え・メール対応の良さ・どれをとっても優良な個人輸入代行です。サイトも見やすく初心者でも使いやすいのでオススメです。

詳細はこちら

ミノフィナは使わずに薄毛を治したい方にはノコギリヤシがオススメ!

GUNGUN

AGA治療専門クリニックは高額だし、ミノキシジルやフィナステリドの副作用も気になるからなかなか手が出せない。。。そんな方はまずはサプリメントをお試しください。

コメントを残す